アトミクイックメニュー
  • 顧客ハッピーセンター
  • 会社紹介映像
TOP

home アトミ > アトミについて > 会社情報 > 経営目標

経営目標

01.顧客の成功
人が究極的な目的でなければなりません。
神の姿と同じく作られた人は、いかなる場合でも手段になってはいけません。

人が手段となる例があります。
乳牛の哲学です。
牛を良く世話して管理するのは、牛のためにするのではなく、
乳をたくさん搾るための手段にすぎません。
一般企業の顧客の感動は、ほとんどが乳牛の哲学から始まります。

アトミの経営哲学は乳牛の哲学ではなく、赤ちゃんの哲学です。
母親が赤ちゃんを良く世話するのは、
赤ちゃんから何かを得るためではありません。赤ちゃん自体が目的です。

アトミは顧客を手段ではなく、目的だと思っています。
だからアトミの経営目標の一番目は、顧客の成功です。

02.流通のHUB
アトミは、絶対品質・絶対価格を追求します。
他のどんな流通チャンネルを通して購入するよりも
より優位な競争力を確保するという目標を持って、
これを実現しています。

商品の範囲は、現在の主力製品である化粧品と栄養機能食品の範囲を超え、
すべての生活必需品に拡大していきます。
一部の生活必需品はすでに発売され、ますます拍車がかかるでしょう。

農水畜産物、製パン、製菓など一般の食品やファッション衣類、靴、
キッチン用品、家電製品、寝具をはじめとするホームファッション、
保険商品、公演チケットなど各種サービス商品など
生活全般に関するものを全て扱うことになります。
また、アトミは世界中の進出可能な国に進出することになるでしょう。

韓国の製品を世界中の市場に売るだけではなく、
世界中から絶対品質・絶対価格の条件を備えた製品を見つけ出し、
世界中に供給することになるでしょう。

まさに、このGSGS(Global Sourcing, Global Sales)がアトミの戦略です。
アトミの戦略です。
最終的にはすべてがアトミを通して流通されるようにすることです。

EVERYTHING, THROUGH ATOMY!

03.グローバル企業
アトミは韓国の一流企業を超え、グローバル企業を目指しています。
アトミの理想的な目標の1つは、無人会社です。

全てのプロセスを自動化(電算化)することにより、
人がいなくても運営できる会社を作るということです。
だからアトミでは、仕事の概念から異なります。
仕事は仕事を続けることではなく、仕事をなくすことが本当の仕事です。
"だから他社ではどうすればよりよく仕事ができるかを心配するとき、
アトミではどうすれば仕事をしなくても仕事ができるのかを考えます。

アトミはグローバル企業文化を目指しています。
1、原則中心の文化 2、同伴成長の文化 3、分かち合いの文化です。
原則中心の文化は、人類の普遍的な価値を実現する文化です。
同伴成長の文化は、全ての取引先、従業員および事業者、
そして顧客が共に成功する文化です。
分かち合いの文化は、公平でバランスの取れた分配が行われ、
社会的な弱者にも適切な過失分配が行われるようにする文化です。

アトミがグローバルになるためには、アトミの人々がグローバルになるべきだと思っています。
良心と道徳性をもとに、健全な常識のある人をグローバルと言います。
したがって、アトミでの全ての教育は健全な常識を持つ世界市民として、
誰からも紳士淑女の待遇を受ける人になるように焦点を合わせています。

正善上略
誠実さと善良さは最高の戦略です!